プラスチック段ボールの使い方!

プラスチック段ボールとは

プラダンとはポリプロピレン樹脂(PP)を原料とした、プラスチック製のダンボールの呼び名です。

紙とプラスチックで原料こそ違うものの、構造はまさにダンボールそのもの。

2枚の板の間に柱となるたくさんのリブを立てた、ハーモニカのような中空になっています。

特長と用途は

プラダンは軽量でありながら衝撃や重さに強く、耐久性、断熱性に優れる性質があります。

もちろん水が染み込んで強度が落ちることはありません。

ぼろぼろになるまで使う事が出来ますよ!

・引っ越しなど、大きな荷物を運ぶときに建物を保護する養生。
・簡易看板や掲示、展示用のパネルに。
・箱の中仕切りなどの緩衝材。
・繰り返し使う通い箱や保管ケース。

 

プラスチック段ボールは、引っ越しの時エレベーターの養生に使われています。

汚れたり、傷がつかない様にする為にも良いですよ!

お客様よりご相談を受けました

床、カーペットが敷いてある上にブルーシートを敷くとずるずると動いて

作業がしにくいのでどうしたら良いか?との事です

早速プラダンをおススメしました。

 

プラダンは加工が簡単?

プラダンを加工するために必要になるのが「切る」作業です。

カッターとハサミ、どちらでも使いやすい道具を使ってください。

カッターを使うときには、マットやベニヤ板などを敷いて、下の台やテーブルを傷つけないようにしましょう。

 

 

プラスチック段ボールを使って収納ボックスを作ったり、引き出しの間仕切りにと

いろいろ使用できますね♬