ダンボール 長期保存

ダンボールを長期間保存する方法

ダンボール 長期保存

ダンボールを長期間保存する方法を紹介しています。一般家庭の収納にも多様されるダンボールですが、これらを長期保管する方法をご紹介します。ここではダンボールの長期保管の方法を説明するのですが、実はダンボールはあまり保管するのはよくなく、早めに処分するのがよいということが言われています。

早めに処分するという理由には、害虫の発生原因になることや、安全面が関係しています。早めに処分と言っても、どうしても段ボールの保管が必要な家庭はたくさんあると思います。ですのでどうしてもダンボールを保管する必要がある方はぜひ参考にしてみてください。

 

ダンボールの保管場所について

ダンボールの保管場所ですが、あまり考えたことがない人が多いかと思います。置ける場所に置いているだけという人は見直しが必要かもしれません。ダンボールは冒頭でも書いたように害虫の発生に関係します。

害虫はゴキブリをはじめとする嫌いな人の多い虫です。ちょっとイヤな話ですがダンボールはゴキブリの餌になったり卵を産み付けるなど、居住スペースにもなるんです。

そのため、濡れやすく湿っている場所や台所周辺など食べ物がある場所はNGとなります。これらの場所はゴキブリをはじめとする害虫にとって居心地が良く、発生場所になるおそれがあるので移動させることをオススメします。

 

ダンボールを置く適切な場所

ダンボールを長期で保管するためには置いておく場所に気をくばりましょう。ダンボールの保管に適しているのは、乾燥している場所や日光が当たる日当たりのよい場所です。ですので暗所や湿った場所はダメですよ。

害虫の発生をおそれてガレージや屋外に出しておくことを考えたかもしれませんが、これらも注意が必要です。ガレージは日があたりにくく、気候によって湿りの多い場所にもなりますし、屋外は雨が降ると濡れてしまい、ダンボールもボロボロになりやすく崩れてしまうと危険ですので注意してください。

また、これらの保管場所に置くときですが、害虫対策として毒餌を周囲に置いたりすると害虫の発生を阻止できます。収納スペースなどの関係で処分が難しい場合はこれらの対策をすることで安全に保管することができるでしょう。