段ボール箱 底抜け

ダンボール箱の底抜け防止方法

ダンボール 底抜け

ダンボール箱の底抜け防止方法を紹介します。ダンボールの底抜けを防止するために強度を高める方法があります。ダンボールの強度は箱の綴じ方やテープの貼り方で強度の違いがあり、普通の貼り方では底抜けする重量でもそれを防止できるんです。当然ダンボールの強度には限界もありますが、ほとんどのダンボール底抜けに対して活用できるかと思います。

底抜けしないようにする方法

ダンボールが底抜けしないようにするにはテープの補強を工夫するのが重要です。ダンボールの中に重い物を入れすぎるとどうしても底抜けのリスクはあがります。ですので、まずはダンボールがあまり重くなりすぎないように入れるのがいいですね。

底に貼るテープの種類ですが、クラフトテープや養生テープ、ガムテープなど梱包用のテープ類を使用します。テープの貼り方は十字貼り、もしくはキの字に貼ると強度が高いです。

十字は文字からイメージできるように、つなぎ目に真っ直ぐとテープを貼り、中心にクロスするようにテープを貼ります。キの字に貼る方法はカタカナのキをテープで作ります。これらのテープ貼りでダンボールの強度はグンとあがりますのでぜひお試しください。

また、ダンボールの側面などに貼ることがあるかもしれませんが、これはあまり補強に関係がなく、むしろ持つときに滑りやすくなり落としてしまうなどのデメリットもあるのでオススメしません。