段ボール箱 虫

ダンボール箱に虫がわく原因と対策

ダンボール 虫

ダンボール箱に虫がわく原因と対策を紹介しています。ダンボール箱は服を入れたり、物を一時的に保管するために収納したりと、用途はさまざまです。

ダンボールを利用している家庭は多いと思いますが、時には嫌な虫の発生原因になるおそれがあるんです。ダンボールに虫がわいてしまう条件もあり、湿気が多い場所や食物がある環境であればそのリスクは高くなります。

 

ダンボールに虫がわく原因

ダンボールは害虫が湧きやすい条件をみたしています。ダンボールはその構造でわかるように害虫が活発化しやすい環境となっているんです。

ダンボールを保管する場合は物置や押し入れなど、暗い場所が中心となるでしょう。

日光やライトが届かない暗い場所は、害虫にとって過ごしやすい環境です。ダンボールは害虫に卵を産み付けられやすい素材で、適度にすき間があり、温度も湿度も整っているダンボールは卵の保管場所に最適になってしまいます。

また、ダンボールは害虫の餌にもなります。ダンボールは害虫にとって生活しやすくて、餌にもなるので害虫がわいてしまうのは当然かもしれませんね。

 

虫がわくのを予防するには

ダンボールの虫の発生を防ぐには対策を打つ必要がありますね。一番シンプルな対策が、ダンボールを廃棄することです。ダンボールは早めに処分してしまうのがオススメです。

もしダンボールを保管する場合には、日当たりがよい場所、乾燥している場所に置くことで通気性を良くして虫の発生を対策できます。

また、害虫用の毒餌を設置しておくのも有効的ですのであわせておこなうのがいいですね。ぜひダンボールに対策をしてイヤな虫の発生を阻止しましょう。