ダンボール 衣類 長期保存

ダンボールで衣類を長期保存するときの注意点!

ダンボール 衣類 長期保存

ダンボールに衣類を入れて長期保存しても大丈夫なのか?と心配する方は多いと思います。夏冬の衣替えでタンスや衣類の収納ボックスに入り切らなかった服をとりあえずダンボールに入れて保存しょうと思う方もやはり多いでしょう。ここではダンボールに衣類を入れて保存することについての注意点を書き出したいと思います。

ダンボールで衣類を長期保存のデメリット

手軽に手に入れられるダンボールですが、意外と弱点も多いようです。

  • 湿気に弱く変形しやすい
  • 水分を吸収しやすい
  • カビが発生する
  • ゴキブリの温床になる可能性も
  • 虫がわく

 

ダンボールで衣類を長期保存する時の注意点

これらの注意点を踏まえて、ダンボールに長期保存するために覚えておきたいことは、以下のとおりです。

  • ダンボールに保存する前に、衣類を洗濯し清潔にする
  • 使い古したダンボールや汚れたダンボールは使わない新しいダンボールを使う
  • 大切な洋服は余裕のあるサイズのダンボールに入れる
  • インナー類は圧縮袋を利用する
  • 防虫剤を衣類と一緒に入れる
  • 乾燥剤を入れる

 

衣類をダンボールから取りだした時の注意点

保管後、衣類をダンボールから取りだした時の注意点は以下のとおりです。

  • シワの着きやすい衣類・洋服は、ハンガーに掛ける
  • インナー類は、洗濯し直す
  • 衣類を一旦、風通しの良い日陰に干す

大切な衣類や洋服はダンボールの中で長期保存され、シワになる場合が多いです。ハンガーに掛けしばらくおいてもシワが取れない場合は、スチームアイロンでシワを取ってみましょう。

長期保存された衣類は、湿った感じになってしまったり、匂い戻りする場合もありますので洗濯をしてからタンスや衣類ケースに保存し直しましょう。