オタマートの梱包方法で注意しなければならないこと

オタマートの梱包方法で注意しなければならないこと

オタマートの梱包方法で注意しなければならないことについてお話しますね。

オタマートはサブカルチャーに特化したフリーマーケットです。

普通のお店では買えない、そして売る事が出来ないマニアックなアイテムを取引する事が出来ます。

有り体に言えば、オタク版のメルカリです。

既に大勢の人々が愛用なさっています。

ユーザーの大多数は当然ですが、オタクな方々です。

コアなファン向けに限定的にリリースされた同人誌やファンブック、期間限定で販売されたキャラクターグッズ、早期購入者だけがゲット出来たゲームのオマケ等、多種多様なサブカルチャー系グッズが勢ぞろいしています。

マニアックなアイテムを、普通のリサイクルショップに持ち込んでも、残念ながら良い値段は付けてもらえません。

ファンから見たら、二度と入手する事が出来ないレア過ぎるカードやフィギュアなども、普通のスタッフから見れば、ただの玩具にしか見えないようです。

メルカリにようなオタマートを使えば、オタクグッズの真の価値を理解してくれる同胞に向けて、不用品を売る事が出来ます。

不要なグッズを高値で処分する事が出来るのがオタマートの利点です。

ただし、メルカリ同様に梱包や配送は全てユーザー自身の手でしなければいけません。

梱包方法が悪いとトラブルのもとになりますので、要注意です。

サイズが小さい小物や同人誌を配送する時は、箱と物の間に空間が出来ないように「ぷちぷち」を詰め込みましょう。

隙間があると配送途中に荷物が揺れて商品が傷つきます。

また梱包する際は細心の注意を払って、丁寧にぷちぷちを送るものに巻きつけましょう。

力が強いと、梱包で物が曲がってしまいます。

フリルの梱包方法で注意しなければならないこと

フリルの梱包方法で注意しなければならないこと

フリルの梱包方法で注意しなければならないことについてのお話です。

フリルやメルカリといったフリマアプリで商品を売買して、商品を売る立場となった場合、購入者に商品を送る必要があります。

商品を送る際は、商品の梱包方法に注意しなければいけません。

まず、丁寧に商品を梱包することが大切です。

梱包も評価の対象となります。

梱包が雑だと評価も悪い評価と付けられてしまう可能性があります。

ですから、ダンボールなどといった外箱や封筒はできるだけ新品のものを使用するのが理想的です。

そして、商品が破損しないようにクッション材を箱の中に入れておくことも忘れてはいけません。

輸送中に商品が破損してしまいますと、購入者とトラブルとなる原因となります。

購入者とのトラブルを回避するためにも、出来る限りしっかりとクッション材を入れて、商品が外部からの衝撃で破損しないようにしておきます。

そして、クッション材を入れて商品を守り、送り状を入れて箱を閉じます。

ガムテープで箱に封をしますが、ガムテープの先端はハサミでカットして真っすぐの状態にしておきます。

細かい事ですが、購入者の中にはそういった部分を見ている人も居るのです。

細かい気配りが出来る出品者という良い印象を与えることができますので、ガムテープの先端を真っすぐにしておき、見た目を良くしておきます。

このような細かい配慮が、購入者の印象を良くし、また、商品を無事に購入者の元へと届けることが出来ますので、フリルやメルカリで商品を送る際は、丁寧な梱包を心掛けることが重要なのです。

ラクマの梱包方法で注意しなければならないこと

ラクマの梱包方法で注意しなければならないこと

ラクマの梱包方法で注意しなければならないことについてお話します。

ラクマやメルカリなどのフリマアプリで出品をする際、確実な梱包方法をマスターしておくことが大切です。

梱包についてクレームが入るケースも珍しくありませんので、注意点を守った梱包を心掛ける必要があります。

注意したいところとしては、まず水濡れが起こると困るような商品の場合はしっかりと防水処理を行うことです。

例えば本や洋服など、濡れてしまうことでトラブルに発展する可能性があります。

濡らさないようにするためにはビニール包装を行うのが基本と言えます。

例えば封筒に直接入れてしまうと濡れてしまう危険性がありますので、ビニール封筒に入れた上で封筒に入れるといった工夫が大切です。

なお、その際にはコンビニなどのビニール袋が再利用されることもありますが、購入者側からの印象が良くない場合もあります。

見栄えにも気を配った包装の方が印象が良くなりますから、余裕がある場合はキレイなビニールを用意した方が良いでしょう。

物によってはダンボールに入れて発送するケースもあると思われますが、そういった時にも注意点があります。

大事なのは中身が輸送中に動かないようにすることです。

例えば本をダンボールに入れる場合、隙間があると輸送中に動いてしまってぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。

それもまたトラブルの元ですので、隙間がある場合は新聞紙などを詰めて動かないように固定することが大切です。

基本的には梱包で大事なのは、安全に送り届けられるような仕上がりにすることです。

出品者の手抜きが原因で、破損や汚れた状態で購入者に届くとトラブルになりますから、十分に保護できているのかを考慮しながら作業に当たるようにしましょう。

メルカリの梱包は使い回しNG!

メルカリの梱包は使い回しNG

メルカリの梱包は使い回しはNG何でしょうか?

メルカリは今、世間で最も注目を浴びているアプリです。

フリーマーケットに参加する事が出来るサービスであり、スマートフォンやタブレットを持っていれば、誰でもユーザーになれます。

個人が物を売り買い出来る手段は、そう多くありません。

普通のスーパーマーケットに不用品を持ち込んでも買取はしてくれませんし、反対にアメリカのように自宅のガレージで不要な家具や玩具や日用品を近所に人々に売る、という事も出来ないでしょう。

メルカリのアプリを使えば誰でもフリーマーケットに参加でき、不用品を売ったり、反対に格安の訳あり商品が買えます。

ただ、最近メルカリのアプリをインストールする人々は主に売り手になろうとしている事が多く、家にある不用品をお得に処分しようと、メルカリユーザーになる人々が大多数だと言われています。

ネットのフリマアプリは気軽に物を売買出来る画期的なものです。

しかし、アマチュアとは言え、売り手になった以上はプロのスタッフ同様に商売道徳を持って、梱包や配送を進めなければいけません。

自分の家に届いた通販サイトの箱を梱包に使い回しするのはNGです。

例えば、送るものが本だったとして、梱包に使い回す箱にデカデカとアニメキャラや萌えキャラのイラストが入っていたら、売った人の家に届いた時、大きな誤解を相手方の家族に与える事となり、梱包をめぐるトラブルに発展しかねません。

メルカリで品物を送る際は、無地の段ボール箱、それも新品をきちんと用意しましょう。

メルカリで梱包する段ボールはどこで買うの?

メルカリで梱包する段ボールはどこで買う

メルカリで梱包する段ボールはどこで買ったらよいのでしょう?

メルカリで商品を売った時に梱包をしなければなりませんが、そのための段ボールはどこで手に入れれば良いのか迷った事がある方は多いでしょう。

簡単な入手方法としましては近所のスーパーで貰ったり、さまざまな通販で買い物をした時の段ボールを再利用したりする事が手っ取り早いです。

しかし、近所に貰いに行けるスーパーがない、通販であまり買い物をしないという場合は手元に段ボールがありませんので用意しなければなりません。

そういった時は段ボール自体を通販で購入するのが良いでしょう。

梱包用の段ボールを専用で販売しているサイトがありますので、そちらで合うサイズのものをまとめて購入するのが安く手に入れる方法です。

専用のサイトはばら売りをしていない所も多いですから、よく確認しておく事が必要になりますが最安値で手に入れる事ができるのでお得です。

そういったサイトを利用できない場合ですが、近くの郵便局で手に入れるのが良いかもしれません。

郵便局の場合は初めからサイズが決められたものが販売しているので分かりやすいですし、サンプルも置いていますので間違って購入する事が少ないです。

もう少し安い値段で購入したい場合はホームセンターや100均の店舗で段ボールを探してみると良いでしょう。

これらの店舗は段ボール以外にも緩衝材でもあるいわゆるプチプチシートやガムテープといった梱包に必要なものも販売していますからまとめて購入する事が可能です。

メルカリで商品の梱包の仕方について

メルカリ 梱包の仕方

メルカリで商品の梱包の仕方について説明しますね。

売ったり買ったりすることで便利なのがメルカリのフリマアプリです。

そんなメルカリを始める前に知っておきたいのが、梱包の仕方になります。

商品が売れてから梱包の仕方を考えるは遅いため、予め考えておくことが重要です。

まず、梱包に使うのは段ボールや袋など家にある不要になったものです。

普段から使えそうなものはストックしておくことが良いとされています。

商品によって梱包の方法は異なるため、いろいろなものをストックしておく方が無難といえます。

衣類や雑貨は軽いものであればビニール袋に入れた上で、封筒にれて発送します。

ビニールに入れることで雨などで濡れないようにします。

コートなどの厚手のものは段ボールか、大きめの紙袋、手提げ袋などでも大丈夫です。

これも大きめのビニール袋に入れて送ります。

ベルトやバッグ、財布などのアイテムは金具の部分が壊れないように、全体を気泡緩和材いわゆるプチプチで包んで発送します。

しっかり包めれば厚手の紙袋でもいいですが、ブランドものであればゆうパックなどの補償のついた手段で送ることをおすすめします。

DVDやCD、書籍などは、配送の際に割れたり曲がったりしないように商品を固定すればプチプチに包んで紙袋で発送すれば大丈夫です。

カメラなどの精密機器はデリケートなものですので、しっかりプチプチで保護して発送します。

できれば買った時の箱があればそれに入れて発送することが理想的だと考えられます。

箱もつぶれたりしないように緩和材で保護した上で、箱か紙袋に入れて送ります。

メルカリの梱包方法について

メルカリの梱包方法

メルカリの梱包方法についてお話しますね。

大人気のフリマアプリメルカリでは、主婦層が多いので発送の方法や梱包には注意が必要です。

シワになりやすいお洋服などは、なるべく発送料金がかからないように圧縮などをして行いますが、100円ショップなどで手に入る低価格な圧縮袋に入れて、お洋服は綺麗にたたんでシワにならないように袋に入れます。

発送前の商品の説明の所に注意書きとして、発送の際は圧縮して梱包するので、衣類がシワになる可能性があると一言記載しておくと良いです。

壊れやすいものや、高価なものは透明のプチプチに入れて丁寧に梱包して、箱などに入れて発送すると良いです。

梱包では、適当にしてしまうと評価に普通や悪いがつく可能性もあるので、テープの止め方や、袋の入れ方など気を付けると綺麗に仕上がります。

梱包をして箱に入れる際に、小さな紙に手書きでありがとうございました。

と一言添えると素人らしくて心使いが現れ、主婦層に喜ばれます。

梱包方法は大きくしてしまうと、料金がかさむのでなるべく小さく、そして梱包材量は軽いもの。

重さや厚さで値段が変わってくるので、商品を売りに出す際は良く調べてから出品すると良いです。

リサイクルの段ボールや、包み紙などを使用すると料金がかからずに済みます。

リサイクルの材料であっても、綺麗で汚れていないものが適しています。

メルカリでは、年齢問わず多くの方が出品しているので、発送の際は髪の毛やホコリ、ゴミなどが入っていないか十分に注意しておくと良いです。

メルカリの梱包資材おすすめ!

メルカリの梱包資材おすすめ

メルカリの梱包資材でおすすめはどんなモノなのか?

今話題のメルカリでの通販。

売りたいものを出品し商品の買い手が見つかれば、その買い手の方に商品を包んで送らなければなりません。

大事な商品なので壊れたりしないためにも、どのような梱包資材を使い、どこで購入したりすればよいのでしょうか?

小さめのものは丈夫な紙袋や封筒、ビニール素材の袋などに入れてガムテープなどでしっかりと口を閉じると良いでしょう。

ただし薄手の紙素材のものだと、雨の日などに配達になってしまった場合中身が濡れてしまう危険性があります。

その点ではビニール素材のほうがうなんかも知れません。

大きめのものや壊れやすいものの場合、まずクッション材いわゆるプチプチで商品を包み段ボールなどに入れると良いでしょう。

この際気を付けたいことが、プチプチが外れないように閉じ口にテープなどを張って固定します。

そして段ボールに入れる時も、隙間がありすぎると配達や持ち運びの最中に中の商品が動いて、せっかくプチプチで包んだ物の意味がなくなってしまいます。

なので入れる時隙間がある場合、隙間の部分にエアーマットや発泡シート・なければ紙を軽く丸めて入れて商品が動かないように固定して下さい。

次に資材の購入先ですが、安価なのが百円均一店です。

先ほど紹介したものは基本売ってるので簡単に購入できます。

またネットでも資材を購入することができますので、こちらもお勧めです。

以上のようにきちんと梱包して送れば、きれいな状態で商品を買い手の方に送ることができ、相手の方にも喜ばれますのできちんとした梱包を心がけましょう。

メルカリの梱包で注意することがらとは

メルカリの梱包で注意する

メルカリの梱包で注意することがらについて

家にいながら気軽にフリーマーケットが利用できる大人気アプリ、メルカリ。

出品も写真を撮って必要事項をフォーマットに記入するだけなので簡単で、商品を落札してもらえたら、次は発送作業が待っています。

最後まで気持ちよく取引を終えるために、この発送作業において梱包の際に注意しておきたいポイントを見ていきましょう。

メルカリで売ることが多いものといえば、洋服があげられると思います。

洋服は綺麗にたたむことはもちろんですが、梱包の際は一度透明の袋などに入れてから、発送用の袋や箱に入れることをおすすめします。

お店で買ったときのように見た目にも綺麗で、もし途中で雨でぬれてしまったときなど、大切な洋服を守ってくれる役割もあります。

一緒に手書きのちょっとした購入のお礼のメッセージを添えると、より印象がよくなるのでおすすめです。

また、メルカリで販売するものの中には化粧品やスキンケアグッズ・香水など、壊れやすく扱いに注意が必要なものもあると思います。

パウダーファンデーションやガラスの容器などは他の荷物とぶつかって割れてしまうかもしれません。

梱包の際は必ずエアキャップなどの緩衝材に包んで、袋や箱に入れて発送することをおすすめします。

周りにも新聞紙を詰めるなどして、なるべく中で品物が動かないように工夫するといいでしょう。

宛名の近くの目立つ場所に「ワレモノ注意」など、配送時に注意してもらえるよう書いておくのも効果的です。

購入者は楽しみに品物の到着を待ってくれています。

お互いに気持ちよく取引をするために、梱包のポイントをおさえてメルカリを利用しましょう。

メルカリの梱包でトラブルになる原因とは

メルカリの梱包でトラブルになる原因

メルカリの梱包でトラブルになる原因についてのお話です。

メルカリに出品した商品が購入されたときは、直ちに発送作業に入ります。

発送作業には宛名書きや荷物を集荷してもらったり自ら郵便局などに持ち込むことなどが含まれますが、商品を配送中に破損することなく購入者に届けてもらうためには梱包も丁寧に行う必要があります。

メルカリでは取引の行き違いや支払いだけでなく梱包に不備があるとトラブルになることがありますが、不備の原因は三つに分けられます。

一つ目の原因が、不十分な梱包です。

商品を発送するときに段ボールに入れて送ることは一般的ですが、段ボールの中で商品が動いてしまうと破損する可能性があります。

商品に対して段ボールのサイズが大きすぎたり、緩衝材を入れていないことが原因で破損し、トラブルになることがあるのです。

二つ目の原因は水濡れ対策の不足です。

CDやDVDなどを発送するときは緩衝剤を巻いて封筒に入れて送る方法が一般的ですが、その際にビニール袋に入れておかないと配達時に雨や雪が降っていた場合に商品が濡れてしまう可能性があるのです。

緩衝材の隙間から雨水が入り込み、商品まで達することは珍しくありません。

そして、三つ目の原因は梱包を全くしないことです。

特に利用者の年齢層が低いカテゴリで見られる原因ですが、商品をビニール袋に直接入れて発送したり、商品そのものに宛名を書いて発送するということがあり得ます。

梱包そのものが行われていないため、ほぼ間違いなくトラブルになってしまうのです。