メルカリの梱包でトラブルになる原因とは

メルカリの梱包でトラブルになる原因

メルカリの梱包でトラブルになる原因についてのお話です。

メルカリに出品した商品が購入されたときは、直ちに発送作業に入ります。

発送作業には宛名書きや荷物を集荷してもらったり自ら郵便局などに持ち込むことなどが含まれますが、商品を配送中に破損することなく購入者に届けてもらうためには梱包も丁寧に行う必要があります。

メルカリでは取引の行き違いや支払いだけでなく梱包に不備があるとトラブルになることがありますが、不備の原因は三つに分けられます。

一つ目の原因が、不十分な梱包です。

商品を発送するときに段ボールに入れて送ることは一般的ですが、段ボールの中で商品が動いてしまうと破損する可能性があります。

商品に対して段ボールのサイズが大きすぎたり、緩衝材を入れていないことが原因で破損し、トラブルになることがあるのです。

二つ目の原因は水濡れ対策の不足です。

CDやDVDなどを発送するときは緩衝剤を巻いて封筒に入れて送る方法が一般的ですが、その際にビニール袋に入れておかないと配達時に雨や雪が降っていた場合に商品が濡れてしまう可能性があるのです。

緩衝材の隙間から雨水が入り込み、商品まで達することは珍しくありません。

そして、三つ目の原因は梱包を全くしないことです。

特に利用者の年齢層が低いカテゴリで見られる原因ですが、商品をビニール袋に直接入れて発送したり、商品そのものに宛名を書いて発送するということがあり得ます。

梱包そのものが行われていないため、ほぼ間違いなくトラブルになってしまうのです。

メルカリの梱包でクレームの原因とは

メルカリの梱包でクレームの原因

メルカリの梱包でクレームの原因についてお話します。

メルカリで商品を発送する際には、商品を梱包してから送ることになりますが、包み方によってはクレームの原因となってしまう場合があります。

なぜ梱包でクレームがきてしまうかと言うと、中の商品が破損してしまったり、雨が入り込んでしまい濡れてしまうこともあるためです。

例としては、緩衝剤を入れずにそのまま送るという方もいます。

商品によっても異なりますが、送る際は緩衝剤を入れて商品を保護するというのが一般的となっているため、緩衝剤は必ず入れて発送するようにしましょう。

緩衝剤としては、新聞紙や雑誌、段ボール、テープなどを駆使して商品を保護するようにしていきます。

特に精密機械などの振動によって壊れやすい商品の場合は動かないように念入りに固定させる必要があります。

他にも、しっかりと梱包がされてあっても汚れがあるもので商品を保護してしまうとこちらもクレームの原因となってしまいます。

汚れたタオルなどで商品を巻いてしまうと商品にも汚れが移ってしまうため、商品の保護に使う緩衝剤にも気を使う必要があります。

服や布製品に関しては緩衝剤は必要がありませんが、こちらも配送の途中で雨に濡れてしまい、商品が使えない状態になる場合があります。

クレームを避けるためにはビニール袋に商品を入れて雨から守るようにしていきます。

商品を雨から保護するために、ゴミ袋で包むという方もいますが、こちらもクレームの原因となってしまうため、避けるようにしましょう。

メルカリの丁寧な梱包方法とは

メルカリの丁寧な梱包方法

メルカリの丁寧な梱包方法についてお話しますね。

メルカリとは、商品数、商品種類が日本最大級のフリマアプリです。

会員登録料が無料となっていて、出品手数料、月額料もありません。
誰でも簡単に利用できるので、いま爆発的に人気となっています。

メルカリで出品する場合は次のような手順になります。

1.カメラで商品を撮ってメルカリに出品登録。
2.商品が売れる。
3.商品を梱包・発送。
4.出品者と購入者がお互いを評価。
5.振込申請によって現金として受取る。

出品は簡単にできますが、梱包は慣れていない方には面倒かもしれません。
しかし、せっかく自分の商品を選んでくれたのですから、丁寧に梱包しましょう。

丁寧な梱包方法は次のようなものがあります。

一番出品が多い衣類は、まず丁寧にたたんでください。

できるだけお店で並んでいる商品のように見栄え良くするのが理想です。

そして、軽い物であればビニールの袋に入れた上で、ダンボールや封筒に入れます。

金具などが付いているものは、全体を緩衝材で包むと傷が付きません。

バッグ・ベルト・財布や雑貨は、できるだけ形を崩さないようにダンボールの切れ端や緩衝材を詰めます。

こちらも金具なのに傷を付けないように緩衝材で包んでからダンボールに入れます。

ダンボールや紙袋の大きさは、できるだけ出品する商品のサイズに合ったものにしましょう。

どうしても大きすぎてしまう場合は、必ず緩衝材を詰めてください。

発送時に商品が傷つかないようにするためです。

トラブルにならないためにも、丁寧な梱包方法を身につけてメルカリを最大限利用しましょう。

メルカリ梱包で隙間の緩衝材おすすめ!

メルカリ梱包で隙間の緩衝材

メルカリの梱包で隙間を埋めるときの緩衝材についてのお話です。

メルカリにおいて最後まで気持ちよく取引をするためには、丁寧に梱包することがとても重要になってきます。

そんな時に気をつけたいのが、商品を詰めた後の隙間空間です。

上下左右からの衝撃と荷物を運ぶ際の揺れに対処するために、必ず隙間を緩衝材で埋めましょう。

小さいものや壊れ物を包む隙間の緩衝材としておすすめなのが、緩衝材としてオーソドックスでありポピュラーであるプチプチです。

メルカリで取引する小型の小物や壊れ物や雑貨などを包んだり、隙間の緩衝材として使用するのに最適です。

隙間の緩衝材を低コストで収めたい時におすすめなのが、更紙です。

低コストでプロの業者が使用している人気の緩衝材です。

商品を包むこともできるため使い勝手が非常によく、初心者の方にもおすすめです。

また大量に出品する時や、これから出品を続けて行こうと考えている方にも、低コストでコストパフォーマンスもよく、数百枚から注文できストックできるため販売に関する手間を省きやすくなります。

隙間の緩衝材としてしっかりと梱包をしたい時におすすめなのが、ハイタッチです。

コンスターチが主原料で環境に優しく商品をふんわりと支えます。

中身がしっかりと詰まっているため運ぶ際の緩衝材の潰れや空気の抜けの心配もありません。

メルカリで大きめの商品を扱う時におすすめする隙間の緩衝材が、空気の入ったピロータイプの緩衝材です。

大きな商品を梱包する際や家電を梱包する際に、商品を優しく空気で支えることができます。

空気を抜けば小さくなり捨てやすくなります。

大きめな隙間の緩衝材として使用するのがおすすめです。

メルカリの梱包でおすすめの方法

メルカリの梱包でおすすめの方法

メルカリの梱包でおすすめの方法についてお話します。

メルカリは、お手軽に出品し、購入してもらえる便利なサービスであるからこそ、大切な商品は、安全に落札者様に届けたいところですが、そのためには、しっかりとした梱包が必要です。

おすすめの方法は、やはり専門のプロに任せるという方法です。

落札された商品を送付するには、多くのケースでは、郵送か宅配を利用することになります。

もちろん梱包は、自分で行ってから集荷を依頼したり、受付窓口に持ち込む方法もありますが、郵便局のゆうパックや、大手宅配業者では、自宅まで荷物を取りに来てくれる集荷を申し込む際に、梱包材を依頼することもできます。

価格は、一例をあげると、メール便などで利用される郵便ポストに入る大きさの小さなボックスで数十円程度、特大サイズの段ボール箱で300円程度です。

他にも、ゴルフケース、スキー、スノーボードが丸ごと入るものや、ご贈答用におしゃれなデザインが印刷されたものなど、さまざまなバリエーションがあります。

玄関先で、提供されたダンボールに荷物を詰め込み、伝票を貼り付け、荷物をサービスドライバーに預けますが、その際、荷物の中身を尋ねられます。

もしもそこで、割れ物が入っているのであれば、ワレモノ注意、精密機器であれば、上下の向きを指定したり、上に重い荷物を重ねることを禁じるなどのステッカーも、用意してもらえます。

自宅に居ながらにして、梱包から集荷までを完結でき、商品の中身や性質に応じて、なんでも相談に乗ってもらえるという、この至れり尽くせりのサービスを、ぜひ活用したいところです。

メルカリで箱物を梱包する方法について

メルカリで箱物を梱包方法

メルカリで箱物を梱包する方法についてのおはなしです。

メルカリで箱物が売れた時の梱包方法ですが、まず注意したいのが箱が潰れてしまわないようにすることです。

箱自体も含めての出品ですと、もし潰れてしまった時にクレームが入ってきてしまう可能性があります。

特に薄い素材の箱ですと角の破損やへこみ、あるいは破れが起こってしまうこともありますので注意しなければいけません。

箱物を梱包する際、その上からプチプチで包んでそのまま発送することも可能ですが、もし不安がある場合はダンボールに入れて送るようにした方が良いでしょう。

なお、ダンボールに入れた結果、サイズや重量のアップによって送料が高くなることがありますので注意が必要です。

送料が気になる場合は梱包によってどのランクの料金になってしまうのかチェックしながら作業を行うと良いでしょう。

箱物での注意点として、中身をしっかりと固定することも大切です。

未開封品の場合ですと開封すると価値が落ちてしまう懸念もありますので、安易に開けるのは良くありませんが、すでに開封されている物ならば中身が動かないようにした方が安心と言えます。

輸送中に箱の中で動いてしまって破損するケースもありますので気を付けなければいけません。

前述したように箱物はダンボールに入れて送る場合もありますが、その際には商品となる物がダンボールの中で動かないようにするのも基本です。

そのため丸めた新聞紙やプチプチを詰めてしっかりと固定することも心掛けるようにしましょう。

メルカリかわいい梱包の仕方について

メルカリかわいい梱包の仕方

メルカリのかわいい梱包の仕方についてお話します。

「メルカリ」はスマホ1台で売り買いが容易にできることから、今では多くの方が利用しているフリマアプリです。

売り買いできるものは雑貨やファッション、家電までジャンルは幅広く不要になったものの処分や掘り出し物を探すのに適しています。

メルカリでものを売るのは簡単ですが、売りたいものを多数掲載しても実際に売れるのは極わずかということはないでしょうか。

メルカリで上手に売り切るには梱包を雑にするのは厳禁です。

逆に、かわいい梱包はリピーターを増やすことができると共に口コミも広がることでしょう。

梱包の仕方にはコツがあり、見た目を綺麗に仕上げると共に商品を守ることも兼ねています。

例えば、洋服を梱包するとしたら如何でしょうか。

柔らかいものなのでクッション材などは不要ですが、雨などの水濡れは絶対に避けるべきです。

ビニール袋に入れるなど水濡れ対策は必須ですが、カラフルなビニール袋やマスキングテープなどで飾ると見た目は一気に良くなります。

漫画や雑誌などの書籍も同様に水に濡れないように梱包すると良いでしょう。

CDやDVDなどはプチプチなどのクッション材に包むのが良いですが、プチプチだけではシンプルなものです。

マスキングテープなどで飾り付けると良いでしょう。

更に、どのジャンルにも共通して購入してもらえたことに対するお礼を手紙などで一言添えると印象は非常に良くなります。

梱包材などはいずれも100円均一ショップで手に入るものなので難しいものではありません。

メルカリ梱包で大きいモノはどうする?

メルカリ梱包で大きいモノ

メルカリ梱包で大きいモノはどうやって梱包したらいいんだろ?

いまやいくつも登場しているフリマアプリ。

中でもテレビCMなどに人気ナンバーワンと言っても過言ではないのが「メルカリ」ではないでしょうか。

主婦から学生さん、OLさん、男性まで幅広く利用されています。

取扱いアイテムも多種多様。

洋服やアクセサリー、化粧品はもちろん、チケットや本、文具、インテリアまでさまざななものが見つかります。

登録も簡単なので、出品も気軽にできるがいいところ。

出品するときに注意したいのが「梱包」です。

きちんとしたお店をしている人でもない限り、家にある梱包材や紙袋などを利用して梱包するようになると思いますが、配送中の水濡れや破損の原因をつくらないよう、ていねいに梱包するようにしましょう。

梱包方法にちょっと悩むのが「大きいモノ」。

洋服でいえばコートや厚手のセーター、子ども用品ならおもちゃやベビーカー、その他椅子やテーブルなどの家具類も、梱包に工夫が必要です。

大前提としては、段ボールなど箱に入れること。

箱の中で、揺れたりぶつかったりしないように、買った時に入っていた発泡スチロールや緩衝材を詰めるなどすることも有効です。

洋服類などやわらかい素材で、箱詰めしなくても壊れる可能性が低いモノなら、袋梱包でもOKです。

ただし、紙袋に入れただけでは雨などによる水濡れ、汚れの可能性も。

必ずビニール製の袋に入れてから外袋に入れるようにしましょう。

新品なら、ゴミ袋も意外と重宝です。

45Lや60Lだとかなり大きいモノも入ります。

メルカリで靴を梱包する方法について

メルカリで靴を梱包する方法

メルカリで靴を梱包する方法についてお話しますね。

唐突ですが、

メルカリでは、比較的低価格の商品のほうが売れます。

出品者はなるべく低価格で発送ができるように、梱包方法などを下調べしておくと良いです。

靴の発送では、らくらくメルカリ便が60cm以内であれば、日本全国600円で発送ができます。

らくらくメルカリ便を選択すると、匿名で購入ができるので売れる条件にもなります。

靴は専用の箱に入れない方が、低価格で発送ができます。

箱に入れない場合はあらかじめ商品の説明に記載する必要があります。

靴を丁寧にきれいな紙で包みますが、なるべく小さくなるように靴を汚れないように重ねて包みます。

そのうえから、リサイクルの色のついた比較的しっかりとした袋に入れガムテープで綺麗に止めて梱包します。

専用の箱を希望している際は、靴を丁寧に専用の紙に包んで、箱の中に入れます。

箱に入れるとその分、料金がかさむので、箱の上からの梱包は色のついたしっかりとしたビニールに入れて、ガムテープでしっかりと止めます。

靴は比較的破損しないので、高価で傷がつきやすい靴場合は透明のプチプチに包むと発送の際、安心ですが、そうでない場合は上記の方法で十分です。

梱包前は、汚れなどは取れる範囲は綺麗に取り除き、梱包材量などにゴミや髪の毛が入っていないかを注意する必要があります。

ゴミや髪の毛は購入者はとても嫌な気持ちになるので、評価につながります。

安いものであっても、購入者はお金を出しているので、丁寧に梱包をすると信頼にもつながりますね。

メルカリ梱包するときにいるもの

メルカリ梱包するときにいるもの

メルカリでの梱包作業でいるものの基本として、ハサミとカッター、ガムテープ、透明テープ、のり、封筒、ビニール封筒などが挙げられます。

多くの梱包作業ではこういった道具を使用しますので、基本として用意しておけば適宜対応しやすくなります。

その上でさらに用意しておきたいものもありますが、出番が多いと言えるのがプチプチです。

破損が心配な物を送る際にはこういった緩衝材で保護することも必要ですので、準備しておいた方が良いでしょう。

なお、通信販売などで買い物をした時にプチプチが使用されていることもありますから、そういった物を取っておいて再利用することも可能です。

スケールもあると便利な道具です。

発送方法によっては重量によって送料が違ってきますので、スケールで重さをチェックしながら梱包をするとムダな送料を減らすことができます。

できればデジタル表記のグラム単位で測れるスケールを用意するのが良いと言えます。

家庭用の一般的な量りですとアバウトになってしまいますので、送料が不足して購入者側での支払いが必要になる場合もあるのです。

トラブルの元ですので要注意と言えます。

厚みをチェックできる定規もあった方が良いでしょう。

厚み制限のある発送方法もありますが、そういった時に厚みを調べるための定規が重宝します。

ダンボールも必要な梱包資材の一つです。

壊れ物や重量物を送る際の必須資材ですので常に準備しておくとすぐに作業に取り掛かれます。

なお、スーパーやドラッグストアなどで廃材をもらうことも可能です。