ラクマの梱包方法で注意しなければならないこと

ラクマの梱包方法で注意しなければならないこと

ラクマの梱包方法で注意しなければならないことについてお話します。

ラクマやメルカリなどのフリマアプリで出品をする際、確実な梱包方法をマスターしておくことが大切です。

梱包についてクレームが入るケースも珍しくありませんので、注意点を守った梱包を心掛ける必要があります。

注意したいところとしては、まず水濡れが起こると困るような商品の場合はしっかりと防水処理を行うことです。

例えば本や洋服など、濡れてしまうことでトラブルに発展する可能性があります。

濡らさないようにするためにはビニール包装を行うのが基本と言えます。

例えば封筒に直接入れてしまうと濡れてしまう危険性がありますので、ビニール封筒に入れた上で封筒に入れるといった工夫が大切です。

なお、その際にはコンビニなどのビニール袋が再利用されることもありますが、購入者側からの印象が良くない場合もあります。

見栄えにも気を配った包装の方が印象が良くなりますから、余裕がある場合はキレイなビニールを用意した方が良いでしょう。

物によってはダンボールに入れて発送するケースもあると思われますが、そういった時にも注意点があります。

大事なのは中身が輸送中に動かないようにすることです。

例えば本をダンボールに入れる場合、隙間があると輸送中に動いてしまってぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。

それもまたトラブルの元ですので、隙間がある場合は新聞紙などを詰めて動かないように固定することが大切です。

基本的には梱包で大事なのは、安全に送り届けられるような仕上がりにすることです。

出品者の手抜きが原因で、破損や汚れた状態で購入者に届くとトラブルになりますから、十分に保護できているのかを考慮しながら作業に当たるようにしましょう。