メルカリ梱包で隙間の緩衝材おすすめ!

メルカリ梱包で隙間の緩衝材

メルカリの梱包で隙間を埋めるときの緩衝材についてのお話です。

メルカリにおいて最後まで気持ちよく取引をするためには、丁寧に梱包することがとても重要になってきます。

そんな時に気をつけたいのが、商品を詰めた後の隙間空間です。

上下左右からの衝撃と荷物を運ぶ際の揺れに対処するために、必ず隙間を緩衝材で埋めましょう。

小さいものや壊れ物を包む隙間の緩衝材としておすすめなのが、緩衝材としてオーソドックスでありポピュラーであるプチプチです。

メルカリで取引する小型の小物や壊れ物や雑貨などを包んだり、隙間の緩衝材として使用するのに最適です。

隙間の緩衝材を低コストで収めたい時におすすめなのが、更紙です。

低コストでプロの業者が使用している人気の緩衝材です。

商品を包むこともできるため使い勝手が非常によく、初心者の方にもおすすめです。

また大量に出品する時や、これから出品を続けて行こうと考えている方にも、低コストでコストパフォーマンスもよく、数百枚から注文できストックできるため販売に関する手間を省きやすくなります。

隙間の緩衝材としてしっかりと梱包をしたい時におすすめなのが、ハイタッチです。

コンスターチが主原料で環境に優しく商品をふんわりと支えます。

中身がしっかりと詰まっているため運ぶ際の緩衝材の潰れや空気の抜けの心配もありません。

メルカリで大きめの商品を扱う時におすすめする隙間の緩衝材が、空気の入ったピロータイプの緩衝材です。

大きな商品を梱包する際や家電を梱包する際に、商品を優しく空気で支えることができます。

空気を抜けば小さくなり捨てやすくなります。

大きめな隙間の緩衝材として使用するのがおすすめです。