メルカリの梱包でクレームの原因とは

メルカリの梱包でクレームの原因

メルカリの梱包でクレームの原因についてお話します。

メルカリで商品を発送する際には、商品を梱包してから送ることになりますが、包み方によってはクレームの原因となってしまう場合があります。

なぜ梱包でクレームがきてしまうかと言うと、中の商品が破損してしまったり、雨が入り込んでしまい濡れてしまうこともあるためです。

例としては、緩衝剤を入れずにそのまま送るという方もいます。

商品によっても異なりますが、送る際は緩衝剤を入れて商品を保護するというのが一般的となっているため、緩衝剤は必ず入れて発送するようにしましょう。

緩衝剤としては、新聞紙や雑誌、段ボール、テープなどを駆使して商品を保護するようにしていきます。

特に精密機械などの振動によって壊れやすい商品の場合は動かないように念入りに固定させる必要があります。

他にも、しっかりと梱包がされてあっても汚れがあるもので商品を保護してしまうとこちらもクレームの原因となってしまいます。

汚れたタオルなどで商品を巻いてしまうと商品にも汚れが移ってしまうため、商品の保護に使う緩衝剤にも気を使う必要があります。

服や布製品に関しては緩衝剤は必要がありませんが、こちらも配送の途中で雨に濡れてしまい、商品が使えない状態になる場合があります。

クレームを避けるためにはビニール袋に商品を入れて雨から守るようにしていきます。

商品を雨から保護するために、ゴミ袋で包むという方もいますが、こちらもクレームの原因となってしまうため、避けるようにしましょう。