メルカリで箱物を梱包する方法について

メルカリで箱物を梱包方法

メルカリで箱物を梱包する方法についてのおはなしです。

メルカリで箱物が売れた時の梱包方法ですが、まず注意したいのが箱が潰れてしまわないようにすることです。

箱自体も含めての出品ですと、もし潰れてしまった時にクレームが入ってきてしまう可能性があります。

特に薄い素材の箱ですと角の破損やへこみ、あるいは破れが起こってしまうこともありますので注意しなければいけません。

箱物を梱包する際、その上からプチプチで包んでそのまま発送することも可能ですが、もし不安がある場合はダンボールに入れて送るようにした方が良いでしょう。

なお、ダンボールに入れた結果、サイズや重量のアップによって送料が高くなることがありますので注意が必要です。

送料が気になる場合は梱包によってどのランクの料金になってしまうのかチェックしながら作業を行うと良いでしょう。

箱物での注意点として、中身をしっかりと固定することも大切です。

未開封品の場合ですと開封すると価値が落ちてしまう懸念もありますので、安易に開けるのは良くありませんが、すでに開封されている物ならば中身が動かないようにした方が安心と言えます。

輸送中に箱の中で動いてしまって破損するケースもありますので気を付けなければいけません。

前述したように箱物はダンボールに入れて送る場合もありますが、その際には商品となる物がダンボールの中で動かないようにするのも基本です。

そのため丸めた新聞紙やプチプチを詰めてしっかりと固定することも心掛けるようにしましょう。