メルカリで洋服を梱包する方法を覚えよう!

メルカリで洋服を梱包する方法

多くの人が利用しているメルカリは、様々な種類の商品が出品されていますね。

出品した商品が購入希望者に売れた場合、商品を発送することになります。

パソコンや家具などの商品は、

ダンボールなどにクッションとなる梱包材を一緒に入れて発送します。

困ってしまうのが、洋服などの柔らかい商品が売れた時の梱包方法です。

洋服などの商品は、メルカリを初めて利用する女性が多く出品する商品で、

人によって様々な梱包方法で洋服を発送しています。

発送する洋服の数が少ない場合、郵便局の普通郵便を利用して発送する人がいますね。

封筒に洋服を入れるだけなので手軽な梱包方法ですが、

雨などが降ると封筒は紙なので水濡れなどの心配があります。

ダンボールの箱などを使う梱包方法なら、雨が降っても濡れる心配が少なくなります。

しかし、数が少ない時やダンボールのサイズが合わない時は、

中に入っている洋服が動いてしまい形が崩れて購入者からの評価が下がる可能性があります。

安心して商品を発送するためには、

水濡れや型崩れなどの心配が少ない梱包方法を選ぶ必要があります。

型崩れなどは、サイズの合った封筒を使うと崩れにくくなります。

しかし、そのまま封筒に入れて梱包すると、水濡れなどの心配があります。

それを防ぐために、透明のビニールやクリアポケットなどに洋服を入れて梱包します。

ビニールやクリアポケットなどに入れテープで封をすれば、水濡れや型崩れなどを防ぐことができます。

この状態にしたものを封筒にいれ、ガムテープなどで止めれば梱包作業の終了です。

このような梱包方法で発送すると、購入者からの評価も高くなります。